分煙機が増えていくわけ

分煙機とは煙を吸い込むなどして、周囲の人や物にタバコ等の害が及ばないようにする機械のことです。


ここ最近健康志向の高まりなどによって嫌煙権が叫ばれ、多くの場所が禁煙になっていっています。

一時期はどこに行ってもタバコをすっていい場所というのがほとんどないやりすぎの状況もありました。

しかし最近ではいくらか喫煙者への風当たりも弱まり、分煙室などがかなり作られるようになってきました。



それでも、どこにでも分煙室や喫煙室の類を作れるわけではありません。

大きな駅や病院などなら喫煙質を作るのも費用面なども含めて簡単です。



一方で空間が狭い場合、あるいは大規模な工事をする費用が無い場合、仕切りなどができず、何とかしたいと思っても昔の状態に戻すわけにも行かず、結局全面禁煙のままにしておくしかないところもあります。


そんな場所で活躍が期待されるのが分煙機です。

ちゃんとした分煙機があれば大げさな壁の類を設置する必要は無く、狭い場所でも喫煙者とそうでない人間がお互い迷惑をかけずに共存することが容易になります。部屋一つ作るよりも分煙機を配置するほうがはるかに安上がりですし、将来的に喫煙者があまりいなくなったとき、機械をいくつか置いているなら数を減らして空間を調整できますが、喫煙室の類を作っていた場合はこまごまとした調整が効かないという事情もあります。

業務用空気清浄機について知りたいならこのサイトが参考になります。

分煙機の設置は低コストで柔軟性のある方式です。

これから益々見かける機会が増えていくでしょう。